食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

02月のレシピ

鰆のくるみ黒ごま味噌焼き

便秘解消のための薬膳 その1 鰆のくるみ黒ごま味噌焼き

テーマ

  • 便秘解消

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

鰆のくるみ黒ごま味噌焼き

  1. 1

    鰆に酒大さじ1、塩少々をまぶして10分ほどおく。

  2. 2

    くるみ黒ごま味噌を作る。くるみをフライパンでから煎りし、細かく刻む。

  3. 3

    ボウルにねり黒ごま、味噌、みりんを入れてゴムベラで練り混ぜ、②のくるみを加えてざっと混ぜる。

  4. 4

    魚焼きグリルで、①の鰆を皮目から焼く。5~6分ほど焼いて焼き色がついたら返して3分ほど焼き、くるみ黒ごま味噌を適量のせ表面に薄く焦げ目がつくまで焼く。

くるみ黒ごま味噌は、1週間は日持ちします。
焼いたお餅や焼きおにぎりにのせてもおいしい。

つけあわせ

  1. 1

    三つ葉は根を切る。えのきは石突を切って、ほぐしさっとゆでる。
    ポン酢や醤油などで和える。

材料 4人分

鰆のくるみ黒ごま味噌焼きの材料

  • 鰆 …4切れ
  • (酒大さじ1 塩少々)

くるみ黒ごま味噌

  • くるみ(素焼き)…25g
  • ねり黒ごま  …15g
  • 味噌 …30g
  • みりん …大さじ3.5

つけあわせ

  • 三つ葉 …2束
  • えのき …1束

柱となる食材

  • 食材メモ

    くるみ
    くるみ
    アンチエイジング効果のあるくるみ。腎を補い下半身の冷えなどを改善してくれます。様々な抗酸化物質やビタミン、ミネラルが豊富で、不飽和脂肪酸や食物繊維が大腸の運動を活発にしてくれる作用もあります。加齢からくる便秘の改善にも効果があります。
  • 食材メモ

    ねり黒ごま
    ねり黒ごま
    腎の機能を向上させ「血」や生命力を補う作用があります。また胃腸を丈夫にし潤してくれます。アンチエイジングビタミンといわれるビタミンEが含まれていて、血液をサラサラにしてくれます。血液の循環をよくすることで新陳代謝が活発になります。
  • 食材メモ

    味噌
    味噌
    「気」を補ってお腹を温めてくれる作用があります。発酵食品はアミノ酸やビタミン類が多く生成されます。抗酸化作用のあるビタミンEは、血液の循環をよくし冷えや血行不良を改善してくれます。腸内環境を整えることで善玉菌が増え活性化することで便秘も解消してくれます。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時