食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

12月のレシピ

牡蠣のぜいたく<br>酒かす汁

師走の疲れ解消スタミナ薬膳 牡蠣のぜいたく
酒かす汁

テーマ

  • 疲れ解消

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    牡蠣はうすい塩水で洗いざるに上げて水を切っておく。

  2. 2

    しめじは石突をとってほぐし、大根は少し厚めの短冊に切り、ねぎは斜め切りとトッピング用に一部みじん切りにし、こんにゃくは短冊に切りにしゆでておく。

  3. 3

    鍋にだし汁を入れ火にかけ、しめじ、大根、斜め切りにしておいたねぎなど野菜を中火で軟らかくなるまで煮で、
    こんにゃく、牡蠣、醤油を加えひと煮たちしたら、白味噌と酒かすを煮汁でといてやわらかくして加え火を止める。

  4. 4

    器に盛り、ねぎのみじん切りをのせ、好みで柚子こしょうを加える。

材料 2人分

牡蠣のぜいたく<br>酒かす汁の材料

  • 牡蠣      …200g
  • 醤油      …大さじ1
  • しめじ     …100g
  • 大根      …200g
  • ねぎ      …1/2本
  • こんにゃく   …40g
  • だし汁     …3カップ
  • 白味噌     …20g
  • 酒かす     …80g
  • ねぎのみじん切り…適量
  • 柚子こしょう  …好みで

柱となる食材

  • 食材メモ

    牡蠣
    牡蠣
    海のミルクとよばれるほど栄養価が高くミネラルを多く含んでいます。肝機能を助け疲労回復効果があります。また、タウリンが含まれているのでスタミナを増強してくれます。イライラの改善にも効果があるので年末の疲れを回復してくれるよ食材です。
  • 食材メモ

    白味噌
    白味噌
    豊富な栄養を含んでいて医者いらずとよばれる日本のパワーフード。白味噌の特徴でもあるのがGABAです。脳の「血」の流れをよくしてくれ、ストレス軽減効果やリラックス効果があります。また、乳酸菌が含まれているので腸内環境を整え栄養の吸収もよくなり、健康的なカラダを作ってくれます。
  • 食材メモ

    酒かす
    酒かす
    発酵によってできたビタミンやアミノ酸をたくさん含みます。ビタミンB1やパントテン酸を含んでいるので免疫力をアップし疲労回復に効果があります。発酵酵素を多く含んでいるので血流を改善して代謝の改善にもつながります。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時