食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

06月のレシピ

カンタン山椒風味の<br>麻婆豆腐

関節痛のための薬膳 その2 カンタン山椒風味の
麻婆豆腐

テーマ

  • 関節痛

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    木綿豆腐を1センチ角強の大きさに切り、ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りに切る。

  2. 2

    なべを熱しごま油を入れ、ねぎ、しょうが、にんにくを入れ、すぐに合いびき肉を加える。

  3. 3

    マーボーたれの材料を合わせたれをつくる。

  4. 4

    合いびき肉に火が通ってきたら、マーボーたれを入れて炒める。木綿豆腐を加えてかき混ぜる。

  5. 5

    水を注ぎ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮含める。

  6. 6

    水とき片栗粉をいれて、木綿豆腐が崩れないようにかき混ぜる。

  7. 7

    一度強火にしてから火を止め、ラー油を加え、鍋をゆすって味をなじませ器に移す。花椒をふる。

材料 2〜4人分

マーボーたれは作りおきしておくと便利。
野菜炒めのたれに使ったり、マーボーなすを作ったり、活躍します。

カンタン山椒風味の<br>麻婆豆腐の材料

  • 木綿豆腐   ……1丁
  • 合いびき肉 ……50グラム
  • ねぎ …… 1/2本
  • 水とき片栗粉 ……大さじ2(片栗粉と水を1:1の割合で混ぜたもの)
  • にんにく   ……ひとかけ
  • しょうが   ……親指大ぐらい
  • ごま油    ……大さじ2
  • 花椒(なければ山椒の粉)……好みで
  • ラー油   ……適宜
  • 水     ……2/3カップ
  • 【マーボーたれ】
  • 酒      ……大さじ1
  • 醤油      …… 小さじ2
  • 甜麺醤    ……小さじ1(八丁味噌小さじ1にはちみつ小さじ1を加えて代用可)
  • 豆板醤     ……小さじ1
  • 豆鼓(とうち)……小さじ2

柱となる食材

  • 食材メモ

    にんにく
    にんにく
    「気」「血」を巡らせカラダを温め、五臓の機能を活性化する働きがあります。血行がよくなることで関節の痛みを和らげます。特有の香りと辛味のもとアリシンは疲労回復効果や胃液の分泌を促進したり、代謝を高めてくれます。
  • 食材メモ

    しょうが
    しょうが
    薬効の高い生姜はカラダを温める作用が強く体温を上げて発汗を促します。冷えをとって胃腸の働きを高めるので、体内にたまった余分な水分を排出してくれます。
  • 食材メモ

    ねぎ
    ねぎ
    薬用野菜として用いられ、「気」「血」の巡りをよくしてカラダを温める効果があります。においのもととなるアリシンが血行をよくして発汗と利尿作用を活発にすることで節々の痛みを解消してくれます。
  • 食材メモ

    山椒
    山椒
    花・実・芽のすべてを食す事ができ、薬味、漢方薬に用いられています。辛さのもとサンショオールは、脳をほどよく刺激して内臓の働きを活発にし、胃腸の働きを整える作用があります。また、血行促進によりホルモン分泌が活性化されるため、むくみを解消してくれます。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時