食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

12月のレシピ

えびの自家製マーラー醤炒め

風邪予防のための薬膳 えびの自家製マーラー醤炒め

テーマ

  • 風邪予防

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    海老の殻をむいて、下味(塩ひとつまみ・酒大さじ1/2・片栗粉大さじ1・キャノーラ油大さじ1)につけ、白ねぎは斜めに切る。

  2. 2

    キャベツは一口大に切り、熱湯で茹でる。ざるにとって、水気を軽くしぼり、塩とごま油で和え、お皿に盛る。

  3. 3

    フライパンを熱し、海老を入れて、両面を焼く。

  4. 4

    白ねぎとマーラー醤を加えて、炒め合わせる。

  5. 5

    ②と共にお皿に盛る。

  6. 6

    【マーラー醤の作り方】
    白ねぎ、にんにくをみじんぎりにする。キャノーラ油の半量を鍋に入れて熱し、弱火で3分ほど炒める。

  7. 7

    赤みそ、きび砂糖と醤油を混ぜ合わせ、⑥に加えて炒め、滑らかにする。鍋から出す。

  8. 8

    別の鍋にキャノーラ油の残り、唐辛子を入れて弱火で熱し、ふつふつと泡がたってきたら火をとめる。2分ほどおいて、花椒を加えて混ぜる。

  9. 9

    ⑧が冷めたら、⑦と混ぜ合わせ、最後に酢を加え完成。

★マーラー醤は密閉瓶に入れ冷蔵庫で1ヶ月ほど保存できます。 
★マーラー醤は、多めに作って保存すると便利。マーラー醤で、肉や厚揚げを炒めたり、蒸したナスにかけたりと、本格的な味が楽しめます。

材料 2人分

えびの自家製マーラー醤炒めの材料

  • 海老     ……12尾(小ぶりなもの)または8尾(大きなもの)[下味:塩ひとつまみ・酒大さじ1/2・片栗粉大さじ1・キャノーラ油大さじ1]
  • 白ねぎ    ……1/2本    
  • キャベツ   ……4枚 
  • ごま油    ……小さじ2
  • 塩      ……ひとつまみ
  • マーラー醤  ……大さじ1半~2
  • 【マーラー醤】
  • キャノーラ油 ……大さじ6
  • 白ねぎ    ……1本(100g程度)
  • にんにく   ……2かけ
  • 赤みそ     ……80g
  • きび砂糖   ……40g
  • 醤油     ……60cc
  • 唐辛子   ……20g
  • 花椒    ……8g
  • 酢     ……大さじ1

柱となる食材

  • 食材メモ

    海老
    海老
    腰が曲がるまで長生きできると言われる縁起の良い食材。カラダを温める作用があり手足の冷えや肩こり、腰痛を改善。ビタミンEが多く、細胞が酸化するのを抑え老化を防止。また、末梢血管を広げ血行を良くしてくれます。
  • 食材メモ

    白ねぎ
    白ねぎ
    風邪を治すというのもカラダを温める作用が強いことからきています。葱白(そうはく)とも呼ばれ漢方薬としても使われます。アリシンが抗酸化作用による血液サラサラ効果のほか毛細血管を広げて血流を良くする作用があります。
  • 食材メモ

    にんにく
    にんにく
    「気」「血」を巡らせてカラダを温め血行を良くする効能があります。消化吸収を高めてくれるので胃もたれや食欲不振を改善。香りと辛みのもとのアリシンは毛細血管を拡張し血行を促進してくれます。
  • 食材メモ

    唐辛子
    唐辛子
    カプサイシンを摂取することでアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは脂肪燃焼作用を活発にし同時に代謝を促進してくれます。代謝が良くなることで末梢血管の血流も改善され冷えの改善にもつながります。
  • 食材メモ

    花椒
    花椒
    中国では料理のスパイスだけでなく薬用にも利用されています。内臓機能の働きを活発にし消化不良を改善してくれます。血流改善効果もあるので、動脈硬化や血栓の予防にもおすすめです。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時