食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

12月のレシピ

あさりとほうれん草のスープとナッツペーストのデニッシュ風

こむらがえりのための薬膳 1 あさりとほうれん草のスープとナッツペーストのデニッシュ風

テーマ

  • こむらがえり

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

あさりとほうれん草のスープ

  1. 1

    あさりは砂抜きしておく。

  2. 2

    にんにくを薄切りに、しめじは石づきをとってほぐし、ほうれんは3cmぐらいに切る。

  3. 3

    鍋にグレープシードオイルを入れ②のにんにく、しめじ、ほうれん草を加えて炒める。

  4. 4

    水500ccと①のあさり、コーン、酒を加えて煮る。沸騰したら弱火にし、アクを取る。

  5. 5

    塩こしょうで味をととのえる。

ナッツペースト

  1. 1

    ナッツペーストを作る。皮付きアーモンドはミルで細かくひく、又は包丁で細かくくだく。アーモンドの変わりにアーモンドプードルを使用してもよい。

  2. 2

    ①のアーモンドに白練りごまとはちみつ、塩を混ぜ合わせる。

  3. 3

    全粒粉のパン一切にナッツペースト大さじ1を塗ってトースターで焼く。軽く焦げ目がついたら完成。

※練りごまの硬さによっては仕上がりが固いので、その場合は、煮切ったみりん50cc~75cc程度を加えると柔らかくなる。

材料 2人分

あさりとほうれん草のスープとナッツペーストのデニッシュ風の材料

  • あさり    …150g 
  • ほうれん草    …100g
  • グレープシードオイル…大さじ1
  • にんにく     …半かけ
  • しめじ    …50g 
  • 冷凍コーン   …30g
  • 酒      …大さじ1
  • 塩こしょう   …適宜

ナッツペースト※作りやすい分量 

  • 皮つきアーモンド…100g(アーモンドプードルでも代用可)
  • 白練りごま   …50g
  • はちみつ …大さじ3
  • 塩 …小さじ1/5
  • 全粒粉のパン …1切れ

  • ※密閉容器に入れて、冷蔵庫で1か月程度保存できます。

柱となる食材

  • 食材メモ

    あさり
    あさり
    こむらがえりは、「血」の不足やミネラルバランスが崩れたりすることで起こります。あさりは「血」をおぎなってくれるのでおすすめの食材です。 また、ミネラルが豊富で疲労回復に効果があるタウリンや貧血に効果のある鉄分やビタミンB2も含まれています。
  • 食材メモ

    ほうれん草
    ほうれん草
    緑黄色野菜の王様。造血作用のある鉄分、β―カロテンや葉酸を豊富に含んでいるので血行を促進してくれます。ほうれん草にはビタミンCも含まれているので、鉄分の吸収率が良くなります。また、「血」をおぎなってカラダの潤いも高めてくれます。
  • 食材メモ

    アーモンド
    アーモンド
    血行を高めて老化を防止します。オメガ3脂肪酸も含まれており、血流を改善して代謝をよくしてくれます。また、若返りのビタミンEやマグネシウムなどミネラルも豊富に含まれています。マグネシウムは筋肉の動きに関係がある栄養素なので積極的に摂りたい食材です。
  • 食材メモ

    ごま
    ごま
    多くの栄養素をバランスよく含んでいます。カルシウムや鉄、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいるのでこむらがえりの予防にも繋がります。また、薬膳では「血」や生命力をおごなう作用があり滋養強壮にも効果があります。
  • 食材メモ

    全粒粉
    全粒粉
    栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。「一物全体」といって食べ物の命をそのままいただくことで、食材の本来の生命力をそのまま食べることができます。精製されていない全粒粉は栄養がたくさん詰まっています。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時