食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

02月のレシピ

さわらの麹漬けと<br>春しいたけのグリル 

花粉症対策のための薬膳 さわらの麹漬けと
春しいたけのグリル 

テーマ

  • 花粉症対策

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    麹床の材料を混ぜ合わせる。このまま冷蔵庫で長期保存可能。まとめて作っておくと便利です。

  2. 2

    ①でつくった麹床を適量さわらにまんべんなく塗り、1~2晩置く。

  3. 3

    ②をグリルで裏面から焼く。中弱火で6分火が通ったらひっくり返して皮目を焼く。

  4. 4

    しいたけは石づきの固いところを切りおとし、表面に格子状の切れ目を入れる。

  5. 5

    グリルで両面にじっくりと火を通す。

  6. 6

    最後に醤油をたらして、軽くあぶる。

  7. 7

    さわらを盛り付け、しいたけとレモンを横に添える。食べる時にレモンを絞る。

材料 2人分

※酒粕は板粕ではなく、柔らかいタイプが混ぜやすくおすすめです。板粕の場合は、酒(または、すぐ使う場合は水でもよい)を足して柔らかくしてから、混ぜてください。

さわらの麹漬けと<br>春しいたけのグリル の材料

  • さわら…2切れ
  • しいたけ…4個
  • 醤油…適宜
  • レモン…2切れ
  • <麹床(つくりやすい分量)>
  • 酒粕…100g
  • 塩麹…50g
  • みりん…大さじ3

柱となる食材

  • 食材メモ

    しいたけ
    しいたけ
    免疫力を高めるビタミンB2、B6や免疫機能を正常化させるビタミンDが豊富に含まれています。そして、しいたけ特有の香り成分にも免疫力を高める効果があります。免疫力を高めることで花粉症の予防や改善ができます。
  • 食材メモ

    酒粕
    酒粕
    発酵食品はお腹を温め血行を促進し腸内環境を整えてくれます。腸には多くの免疫細胞が存在するため腸内環境を整えることで免疫力を正常に保ちアレルギー症状を緩和することができます。
  • 食材メモ

    塩麹
    塩麹
    腸内環境を整えてくれるエキスパート。心身の疲労を回復させ免疫力をアップ。植物性発酵食品の乳酸菌が生きて腸まで届きやすく自然に腸内環境を整えてくれます。また、ビタミンB2、B6が粘膜や皮膚を細菌から守ってくれます。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時