食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

09月のレシピ

わかめときのこの<br>豚しゃぶ<br>黒ごまだれ

抜け毛対策のための薬膳 わかめときのこの
豚しゃぶ
黒ごまだれ

テーマ

  • 抜け毛対策

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    豚ロース肉薄ぎり、わかめ、しめじはほぐし、エリンギは食べやすい大きさに縦に裂く。

  2. 2

    煮干と昆布の出汁に、塩と酒を加えて煮立たせ鍋だしを作る。

  3. 3

    黒ごまだれの材料を混ぜ合わせ、黒ごまだれを作る。

  4. 4

    鍋だしをあたため、具材の豚ロース肉薄ぎり、わかめ、しめじ、エリンギをさっと煮て黒ごまだれを鍋の出汁で割りつけて食べる。

  5. 5

    鍋の最後に。中華麺を茹でておき、鍋に加える。

  6. 6

    黒ごまだれの中に、小口切りにした薬味のねぎ、みょうがとラー油を加え、レモンを絞って麺だれを作り食べる。

★黒ごまだれは冷蔵庫で1ヶ月ほど保存でき、ドレッシングや麺だれとしても活用できます。

材料 2人分

わかめときのこの<br>豚しゃぶ<br>黒ごまだれの材料

  • 豚ロース肉薄ぎり ……200g~300g(お好みで)
  • 刺身用わかめ   ……100g(カットわかめなら10g程度)
  • きのこ(しめじ、エリンギなど)……200g
  • 中華麺      ……1玉
  • <煮干の出汁>
  • 煮干の出汁    ……600cc (煮干20gと昆布10センチ角1枚で出汁をとる)
  • 塩        ……小さじ1/4 
  • 酒        ……大さじ2
  • <薬味>
  • ねぎ       ……小口切り 少々
  • みょうが     ……小口切り 少々
  • ラー油      ……少々
  • レモン     ……1/4個
  • <黒ごまだれ(つくりやすい分量)>
  • 醤油       ……大さじ9
  • すり黒ごま   ……大さじ6
  • 練り黒ごま   ……大さじ3
  • 白味噌(甘口) ……大さじ3
  • みりん     ……大さじ6
  • 酢       ……大さじ3

柱となる食材

  • 食材メモ

    わかめ
    わかめ
    海藻=育毛効果のある食材と言われます。わかめに含まれるヨウ素は新陳代謝を活発にし、頭皮環境を整えてくれます。育毛を促す効果が期待できるビタミンも含まれています。ヌルヌルのもとであるフコイダンも髪の生成を促す効果があると言われています。
  • 食材メモ

    煮干(骨付き)
    煮干(骨付き)
    煮干には、髪の毛に必要なタンパク質を構成するケラチンを合成する亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛には抜け毛の原因を抑制する働きがあります。また、煮干は骨付きですのでカルシウムもしっかりと摂取でき抜け毛予防にも効果が期待できます。
  • 食材メモ

    練り黒ごま
    練り黒ごま
    黒ごまは、ポリフェノールの一種が含まれているので、ごまのなかでも毛質、頭皮の改善に効果的です。タンパク質、ビタミンB・E、亜鉛、脂質など育毛効果に欠かせない栄養素が詰まっています。また、セサミンは血行をよくして頭皮の細胞の働きを活発にしてくれます。
    すり黒胡麻よりも、効率的に栄養が取れます。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時