食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

04月のレシピ

鯛のグリル クコとトマトのソース

目のかすみのための薬膳 その2 鯛のグリル クコとトマトのソース

テーマ

  • 目のかすみ

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    赤たまねぎは横に1センチ幅に切り、パプリカは縦に6個程度に切り、さつまいもは7ミリ程度の斜め薄切り、ローズマリーは1本、葉を摘んで軽く刻む。

  2. 2

    鯛にローズマリーのみじん切り、塩こしょう、小麦粉をまぶす。

  3. 3

    フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、赤たまねぎ、パプリカ、さつまいもを入れて焼く、ひっくり返して蓋をし中まで火を通し取り出す。

  4. 4

    続けて、鯛を入れて中火で焼く。ひっくり返して、蓋をして弱火で3分ほど焼いて取り出す。

  5. 5

    トマトとクコのソースをつくる。たまねぎをみじん切り、クコは大さじ2の水で戻す。もどし汁は取っておく。

  6. 6

    たまねぎを炒めて、カットトマトと塩、クコを汁ごと加えて中火でへらでつぶしながら炒め煮にする。

  7. 7

    お皿にソースを載せ、鯛、野菜を盛りつけ、ローズマリーを飾る。

トマトとクコのソースは多めに作って、バゲットにのせたりしても、おいしい。

材料 2人分

鯛のグリル クコとトマトのソースの材料

  • 鯛       2切
  • 赤たまねぎ   1/2個
  • パプリカ    1/2個
  • さつまいも   1/2本
  • ローズマリー   2本【ドライローズマリーでも代用可】
  • オリーブオイル  大さじ3
  • 小麦粉     適量
  • 塩・こしょう  少々
  • <トマトとクコのソース>
  • カットトマト  150g
  • たまねぎ    50g
  • クコ      10g
  • 塩       小さじ1/4

柱となる食材

  • 食材メモ

    クコ
    クコ
    スーパーフルーツとして世界で注目されています。「飲む目薬」といわれるほど目に優しい食材です。目の疲労を回復させたり視力低下を予防する効果があります。目の網膜を保護する働きもあり、白内障などの眼病予防にも効果的です。
  • 食材メモ

    トマト
    トマト
    赤色のもとであるリコピンやビタミンCやEなど抗酸化作用の高い栄養素は、目の機能の改善も期待できます。また、βーカロテン、ルテインは白内障の予防に、ビタミンAは視力低下の予防に役立ちます。
  • 食材メモ

    パプリカ
    パプリカ
    抗酸化作用があり目の老化を防ぐビタミンEを多く含みます。血行を良くする働きがあるので、目の疲れをとれやすくしたり、ドライアイを予防してくれます。ビタミンCも多く含むので目の粘膜の保護にも効果があります。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時