食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

03月のレシピ

ほうれん草のカレー

目のかすみのための薬膳 その1 ほうれん草のカレー

テーマ

  • 目のかすみ・ドライアイ

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    たまねぎ、にんにくはみじん切りにする。クコは洗って少量の水で戻す。

  2. 2

    豚肉は2センチぐらいの幅に切って、塩、こしょうをまぶす。

  3. 3

    ほうれん草はたっぷりのお湯でさっと茹でて、ざるにあげ、包丁で細かく刻む。

  4. 4

    鍋にキャノーラ油大さじ1を加え、豚肉を炒めて、取り出す。

  5. 5

    鍋にキャノーラ油大さじ1を入れ、にんにくとクミンシードを加える。香りが立ったらたまねぎを加えて、黒豆きなこをまぶし、しんなりするまで炒める。

  6. 6

    ⑤に鶏がらスープ、カレー粉、ガラムマサラ、塩小さじ2/3を加え、沸騰してから弱火にし、10分ほど煮たら、ほうれん草を加える。

  7. 7

    2、3分煮たら、塩加減を整え(分量外)、火を止める。

  8. 8

    器に盛り、戻したクコをのせる。ご飯を添える。

材料 4人分

ほうれん草のカレーの材料

  • ほうれん草   1束(250g~300g)
  • 豚肉      300g
  • たまねぎ    300g
  • にんにく    1かけ
  • クミンシード  小さじ1
  • キャノーラ油  大さじ2
  • 黒豆きなこ   大さじ5
  • 鶏がらスープ   400cc
  • カレー粉    大さじ1
  • ガラムマサラ  大さじ1~2
  • 塩       小さじ2/3
  • クコ      10g
  • こしょう    少々

柱となる食材

  • 食材メモ

    ほうれん草
    ほうれん草
    ルテイン含有量№1のほうれん草。ルテインは目の粘膜と水晶体に蓄積され活性酸素を除去してくれます。老眼、疲れ目、ドライアイにも効果があります。またビタミンAは粘膜を強くする働きがあるので目に潤いを与えてくれます。
  • 食材メモ

    クコ
    クコ
    スーパーフルーツとして世界で注目されています。「飲む目薬」といわれるほど目に優しい食材です。目の疲労を回復させたり視力低下を予防する効果があります。目の網膜を保護する働きもあり、白内障などの眼病予防にも効果的です。
  • 食材メモ

    黒豆
    黒豆
    薬膳では「黒い食材」は血や生命力を補い、老化を防止すると言われています。ビタミン、ミネラルも豊富で粘膜の健康維持にも役立ってくれます。アントシアニンは特に目の機能改善に良いと言われている成分で疲れ目改善におすすめです。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時