食は元気のもと シニアの食養生

東洋医学のバイブル黄帝内経によると女性は49歳頃、男性は56歳頃ともなると、
生命のみなもとといわれる「腎」のおとろえが目立ってくるとしています。
「腎」に貯えられたエネルギーが不足すると「腎」のさまざまな機能が低下して
いわゆる老化現象と呼ばれる不調があらわれはじめます。
「腎」に栄養を与え機能のおとろえを防ぎ、強くするのが「補腎」
薬膳は「補腎」の柱なのです。

02月のレシピ

和風ポトフ~静岡おでん風

骨と筋肉を強化するための薬膳 その1 和風ポトフ~静岡おでん風

テーマ

  • 骨と筋肉を強化

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます

作り方

  1. 1

    干ししいたけと昆布は、水900㏄につけて戻す。
    (冷蔵庫で1晩おくとおいしい出汁が取れる。)

  2. 2

    干ししいたけは固い部分を取って、そぎ切りにする。
    戻した昆布は、結び昆布にする。

  3. 3

    ①を沸騰させ、沸騰したらかつお節をパックに入れたものを加え、弱火で3分ほど煮て取り出す。

  4. 4

    ③に鶏の手羽元、うすくち醤油、酒を加え、蓋をして弱火で30分ほど煮る。

  5. 5

    にんじんは4㎝ぐらいの長さに切り4つ割りに切る、かぶは皮をむいて4つ割りに、里芋も皮をむき2つ割り、じゃご天も半分に切り、④に加えて10分ほど煮る。

  6. 6

    だし粉を作る。桜海老、かつお粉を軽く炒り、手でもんで細かくし、青海苔と混ぜ合わせる。

  7. 7

    できあがった和風ポトフを盛りつけ、つくっておいただし粉をかけていただく。

材料

和風ポトフ~静岡おでん風の材料

  • 干ししいたけ…10g
  • 昆布…5g
  • かつお節…6g
  • 鶏の手羽元…6本
  • うすくち醤油…小さじ2
  • 酒…大さじ1
  • にんじん…半分(80g) 
  • かぶ…中ぶり1個
  • 里芋…2個
  • じゃこ天…2枚(つみれ団子でも代用可)
  • 水…900cc
  • 【だし粉】
  • 桜海老…3g
  • かつお粉…3g
  • 青海苔…大さじ2/3

柱となる食材

  • 食材メモ

    鶏の手羽元  
    鶏の手羽元  
    消化吸収が良くエネルギーを増強させ活動力をつけます。筋肉作りのサポートをするビタミンB6も含まれています。
    コラーゲンがたっぷり含まれているので、関節痛の緩和に効果があります。
    また、コラーゲンは骨の質をよくする働きがあるので、カルシウムとともに摂取することで骨を強化します。
  • 食材メモ

    干ししいたけ
    干ししいたけ
    干ししいたけ 筋肉を強くするビタミンDが豊富に含まれています。干すことでビタミンDは生しいたけの約10倍にもなります。
    また、ビタミンDはカルシウムの吸収を高めます。骨を丈夫にする働きとカルシウムの吸収をサポートする働きがあります。
  • 食材メモ

    だし粉
    だし粉
    桜海老や青海苔にはカルシウムが含まれ、丈夫な骨を作ります。
    また、抗酸化作用のあるアスタキサンチン(桜海老)やβ―カロテン(青海苔)が含まれているのでアンチエイジングにも効果があります。
    かつお粉にはビタミンDが含まれており、カルシウムの吸収を高めてくれます。

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

薬膳料理 阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時