第二の国民病?ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは、運動器症候群のこと。
足腰の筋肉、関節、骨などの機能がおとろえ、将来、寝たきりや要介護になるリスクが高い状態のことです。
肥満、筋力不足などの原因によって早ければ40代で症状が見られる人も増えています。
今、厚生労働省はロコモティブシンドロームを第2の国民病と位置づけ、対策を呼びかけています。

あなたの危険度がチェックできるロコモティブシンドロームチェック

  • 朝起きて、ふとんを持ち上げたりするのがつらい
  • 階段を登ったり降りたりする時、手すりにたよる
  • 片足立ちでくつ下をはくことができない
  • 青信号の間に横断歩道を渡りきれない
  • 何もないところでつまずいたり、すべったりする
  • 2キロ程度の荷物でも持ち歩くのが苦痛
  • 15分くらいつづけて歩くことが苦痛

ひとつでもチェックががあればロコモティブシンドロームの疑いがあります。

ひざの痛み 変形性膝関節症

ロコモティブシンドロームの大半を占めるひざの症状のなかで最も多いのが変形性膝関節症です。ヒトが歩いたり、運動する時、ひざには体重の3倍から5倍の重量が常にかかっています。
ひざ関節は骨と骨が直接あたらないようにひざをとりまく筋肉や腱によって守られることで自由に動くようになっています。ひざを動かしているのは関節ではなく筋肉なのです。このひざを支える筋肉のおとろえからおこるのが変形性膝関節症。
ヒトの筋肉は25才頃をピークに、年々1%ぐらいづつへっていくため、早い人は40代でひざの筋肉のおとろえからくるひざの痛みや異常を訴える人が増えているのです。

運動療法

一日わずかの時間で、ひざを支える太モモなどの筋肉を鍛え、しっかりした筋肉をとりもどすことでひざ痛を改善し、又ロコモティブシンドロームの予防にもなるのが運動療法です。
大切なのは変形性膝関節症であっても痛みがあるからといって、外出をさけたり運動しなくなったりしないで、治すという目的を持って無理のない程度の運動療法をつづけることが大切です。
運動療法によってしっかりした筋肉がよみがえり血液の循環がよくなるとひざの機能も改善できるのです。

バランスをよくする開眼片足立ち

左右1分間ずつ
1日3回

転倒しないように、必ずつかまるものがある場所で行いましょう。床に着かない程度に片足を上げます。

バランスをよくする開眼片足立ち

左右1分間ずつ
1日3回

転倒しないように、必ずつかまるものがある場所で行いましょう。床に着かない程度に片足を上げます。

お灸の役割

お灸をつづけているうちにひざ痛が治った、仕事に復帰できたというご愛用者の皆さまの声にもある通り、お灸は温熱でツボをあたため血行をよくすることで、ひざをとりまく筋肉のすみずみにまで血液を送りひざの運動を支える筋肉の働きをよみがえらせます。そしてひざへの血液の循環がよくなることで新陳代謝を高め、ひざの炎症も修復するのです。

ロコモティブシンドロームの防止には運動療法とお灸がおすすめです。

ひざ痛のツボ

  • 梁丘

    ひざのお皿の上、外側から指3本上。

  • 血海

    ひざのお皿の上、内側から指3本上。

  • 膝眼

    膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ下の内側のくぼみと外側のくぼみの中にあります。2ヵ所でちょうど膝の目のように見えます。

  • 陽陵泉

    ひざの外側のとび出した骨のすぐ下のへこんでいるところ。

  • 足三里

    膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところですねのふちにあります。

ひざのツボにおすすめ

せんねん灸オフ
レギュラーきゅう伊吹

詳しく見る

お灸で筋活

シニアのお悩み

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時