お灸大学

世界の医療が患者一人ひとりのオーダーメイド医療をめざす統合医療へと向かうなかで、
最も注目を集める東洋医学のチカラをたづねます。

カラダの四季

vol.16

東洋医学には「整体観念」という考えかたがあります。
整体とはカラダ全体のこと。カラダ全体を含め人も自然の一部であり、四季がめぐり、気候が変化する自然と同じように私たちのカラダは内臓やあらゆる器官も含めすべてが関連しあって季節の移り変りにあわせて変化しているのです。
そして、私たちは衣食住のすべての面でも、その変化によりそって生きることが望ましいとされてきました。

自然界で春という季節は冬を支配してきた陰の「気」に変わり、陽の「気」が満ちてきます。
それと同時に私たちのカラダを支配する「気」も陰から陽の「気」が次第に増えてスムーズに陰から陽へとチェンジするのがベストなのですが、このチェンジがうまくいかずに春になっても陽気が増えてこないと、カラダや心が春の陽気についていけず「元気がでない」「だるい」などの症状がつづきます。その一方で陰から陽への変化が、急激にやってくるとイライラやカッカしたりといった症状になります。

すべてが目ざめ、新しくスタートする春を一年の始まりとし、この時期を良いコンディションですごすことで、この後の季節を快適に迎えることができるとされています。
この春をむかえ、活発に働くのが五臓のうちの肝。
肝は西洋医学でいう肝臓の働きに加え、自律神経や感情をコントロールし、血を貯え、血のめぐりを調整する大切な働きを受けもっています。
さらに肝には私たちのカラダを維持するエネルギー「気」のめぐりにも大きな影響力があります。だから肝の働きが順調であれば気のめぐりも順調で、気持ちもカラダもいい状態がつづくことになるのです。

しかし肝は春の草木のようにゆったりのびやかな状況を好み外からのシゲキに影響をうけやすいため、ストレスなどがつづくと肝の機能が低下して、さまざまな不調をひきおこします。
ストレスを上手にコントロールして肝の健康を維持するのがこれからの夏にそなえて春の養生といえるのです。

まとめ

私たちのカラダにとって大切な季節の移り変り
せんねん灸では「ツボ二十四節気」「近江・京 七十二候」などのコーナーで季節の移り変りを
お知らせしています。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時