心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

春分 初候 雀始巣(すずめはじめてすくう) 春分 初候 雀始巣(すずめはじめてすくう)

桜色ではない さくら餅

老舗料亭のお茶菓子として
生まれた 嵐山さくら餅
春だけの桜餅を
一年中楽しめるようにと
関西独特の道明寺の
やさしい色を生かして
二枚の桜の葉ではさみました
塩漬けの桜の葉の香りが
上品なあんと もっちりとした
道明寺のおいしさを
引きたてていて
いかにも京都らしい
さくら餅です

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都右京区

京都右京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時