心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

芒種 次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 芒種 次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

平安神宮 花菖蒲

平安神宮神苑は
今 花菖蒲が満開
江戸系 伊勢系 肥後系など
日本古来の2000株の
花菖蒲が
美しさを競っています。
平安神宮の社殿を
とりまく神苑は
七代目小川治兵衛の手になる
明治を代表する庭園
琵琶湖疏水の水が
ゆるやかに広大な神域を
流れています

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時