心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

ちまき

京都の端午の節句に
欠かせない ちまき
上新粉の団子の生地を
三枚の笹の葉で包み
イ草で結んで蒸し上げます
男の子の健康を願う
端午の節句
武者飾りにちまきは
欠かせない行事食です
笹の葉の香りに染まった
ちまきは いかにも
初夏の味です

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市上京区

京都市上京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時