心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

芒種 初候 螳螂生(かまきりしょうず) 芒種 初候 螳螂生(かまきりしょうず)

麦代餅

農作業の間食として
田畑までお餅を届け
代金は農作業の終わる
半夏至の頃 収穫された麦で
支払ってもらった
ところから麦代餅
つきたての餅に
薪のかまで炊いた
つぶ餡をつつみ、きな粉を
かけた麦代餅
かつては一面の麦畑が
ひろがる光景が見られた
洛西の銘菓です。



ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都 桂

京都 桂の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時