心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

小満 初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 小満 初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

長等漬

江戸時代
大津長等山のふもとで
生れた 長等漬
幻の伝統野菜と呼ばれ
今、唯一軒の農家で
栽培される近江蕪を
江戸時代そのままに
漬け込んでいます。

京の千枚漬に使われる
聖護院カブのルーツ
近江蕪のそのカタチから
生まれるきわめて
緻密な肉質と
甘味が伝統の味

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県大津市

滋賀県大津市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時