心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立春 次候 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 立春 次候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

針供養

全国から集まった
使えなくなったり、折れたり
した針を供養する
嵐山 法輪寺 針供養
その歴史は古く
平安時代からとか
当日は本殿の前に置かれた
大きなコンニャクに
太い針をさして、日頃
硬いものばかりを刺している
針の労をねぎらいます。
今日は2月8日「事八日」
針供養の日です。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市西京区

京都市西京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時