心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

処暑 末候 禾乃登(こくものすなわちみのる) 処暑 末候 禾乃登(こくものすなわちみのる)

醍醐寺 五重塔

世界遺産
醍醐寺 五重塔
平安時代 醍醐天皇の
菩提を弔うために創建され
今も平安時代の姿を
そのまま今に伝える
京都最古の木造建築
法隆寺の五重塔などと
並んで日本三大五重塔とも
その建造物としての
完成度の高さと美しさは
群を抜いています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市伏見区

京都市伏見区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時