心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

清明 初候 玄鳥至(つばめきたる) 清明 初候 玄鳥至(つばめきたる)

醍醐の桜

醍醐の花見は
応仁の乱で消失した
醍醐寺の復興に
力をつくした秀吉が近隣諸国から
700本もの桜を移植し
北政所、淀殿をはじめ
諸大名など1000人を
招いて開いた花見の宴
400年をこえて
秀吉ゆかりの桜から生まれた
世界初のクローン桜が
花をつけはじめています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都伏見区

京都伏見区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時