心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

啓蟄 末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 啓蟄 末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

近江八幡 左義長

400年前 安土城主だった
織田信長も参加したという
近江八幡 左義長

五穀豊穣を願い
豆やかんぴょうなどの
食材で今年のえと「酉」を
かたどった十三基の山車が
町内をねりあるく。
「チョウヤレ マッセ」
のかけ声で
湖国の春の扉が開きます。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県近江八幡市

滋賀県近江八幡市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時