心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

小暑 初候 温風至(あつかぜいたる) 小暑 初候 温風至(あつかぜいたる)

近江上布

鈴鹿山系からの
豊かな水に恵まれた湖東で
室町時代に始まった
麻織物 その集散地
中山道高宮宿の名から
高宮布と呼ばれ
その細美で独特の光沢を
持つ上品さから
貴族社会で
高い評価を得ていたのです。
今では近江上布の名で
日本の伝統的工芸品に
認定されています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所愛知郡愛荘町

愛知郡愛荘町の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時