心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立夏 末候 竹笋生(たけのこしょうず) 立夏 末候 竹笋生(たけのこしょうず)

葵祭

初夏の都大路 御所を出発した
雅な平安装束の行列が
ゆったりと進みます
京都最古の祭 葵祭は
世界遺産 下鴨神社と
上賀茂神社の例祭。
1400年もの昔に始まった
五穀豊穣を願う朝廷行事が
そのルーツとか
両神社の神紋にちなんで
行列のすべてに葵の葉を
飾るところから葵祭と呼ば
れるようになりました。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市

京都市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時