心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

大寒 初候 款冬華(ふきのはなさく) 大寒 初候 款冬華(ふきのはなさく)

花菜

花菜とは菜の花の
つぼみのこと
びっしり霜が降りた畑で
花をつける花菜は
切り花用として
栽培されていた
寒咲き菜の花のつぼみを
食用にしたもの
つぼみの時だけある
独得のほろ苦さで
今では春を告げる
京の伝統野菜に
あげられています

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都長岡京

京都長岡京の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時