心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立秋 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう) 立秋 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)

花供曽

花供曽は
お釈迦さまの涅槃会の
法要の日に
無病息災を願って
真如堂でくばられる
あられです。
仏さまへお花をお供えする
意味の花供御に
由来するとか
京都では
お釈迦さまのはなくそと
親しまれています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市 左京区

京都市 左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時