心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立冬 初候 山茶始開(つばきはじめてひらく) 立冬 初候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

義仲寺

寿永3年 源義経に敗れ
北陸に向かう途中
栗津ヶ原で討死した
木曽義仲をまつる
膳所 義仲寺は
芭蕉とも緑の深いお寺
義仲を敬愛していた
芭蕉はこの地を気に入り
しばしば訪れ滞在した
ゆく春を近江の人と惜しみけり
後年、大阪で客死した芭蕉は
遺言で義仲寺にねむっている

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所大津市膳所

大津市膳所の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時