心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

小満 次候 紅花栄(べにばなさかう) 小満 次候 紅花栄(べにばなさかう)

緑滴る天王山

高校野球でおなじみの
天下分け目の戦いの代名詞
天王山は
京の南に位置する
標高290mの小高い山
天正10年6月
明智光秀・豊臣秀吉が
くりひろげた戦いは
この天王山と淀川に
はさまれた せまい
道が舞台だったのです。
緑滴る天王山は 今初夏。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都府大山崎

京都府大山崎の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時