心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

小寒 初候 芹乃栄(せりすなわちさかう) 小寒 初候 芹乃栄(せりすなわちさかう)

狛ねずみの社

右側には学問をあらわす
巻物を持った狛ねずみ
左側には長寿をあらわす
水玉を持った狛ねずみが
迎えてくれる
大豊神社大国社の
祭神は大国主命
野火に囲まれた大国主命を
洞窟に案内したねずみの
神話が由来の狛ねずみ
子年の今年のお正月
お詣りの人の列は終日
近くの哲学の道にまで
つづきます

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時