心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

夏至 末候 半夏生(はんげしょうず) 夏至 末候 半夏生(はんげしょうず)

片白草

緑の葉の半分が
化粧の途中のように白くなる
片白草は虫媒花
その白い花が
あまりにも小さく
目立たないところから
虫を呼ぶために
花の時期にあわせて
葉も白くなるように
進化したとか
半夏生の頃に咲くから半夏生
化粧の途中のようと
半化粧とも

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時