心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

秋分 末候 水始涸(みずはじめてかる) 秋分 末候 水始涸(みずはじめてかる)

深まりゆく秋

頭をたれる稲穂は
今の季節だけ
茶室に見立てた
秋田杉の箱に
季節季節の
干菓子や有平糖などが
彩りよく詰められている
「京のよすが」
秋が深まると
菊やもみじが主役に。
繊細な手仕事に
つくり手のこまやかな
心があふれています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都 中京区

京都 中京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時