心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

流鏑馬神事

京都三大祭のひとつ
葵祭りの幕開けを告げる
流鏑馬神事
緑滴る下鴨神社の境内を
平安時代の装束をつけ
馬を全速力で走らせ
50センチ四方の
板の的に矢を放つこの神事は
葵祭の安全を
祈願するためのもの
いよいよ京の夏が
スタートです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時