心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

清明 初候 玄鳥至(つばめきたる) 清明 初候 玄鳥至(つばめきたる)

沙沙貴まつり

湖国にはなぜか
火のまつりが多い
直径2m、長さ6mの大松明を
町内の42才以下の「駕与丁」
と呼ばれる男達が
白装束で引いて
町内をねりあるく。

次の日、大松明は五穀豊穣を
願って火がつけられます。
米どころ、近江の
春の幕開け神事
沙沙貴まつり。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県近江八幡市安土

滋賀県近江八幡市安土の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時