心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

冬至 末候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる) 冬至 末候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)

橙 回青橙

あけましておめでとう
ございます

お正月の鏡餅の上に
飾られている橙は
樹でそのまま年を越しても
夏になると実は又青くなり
冬を迎えると再び黄色に
同じ樹に3代の橙か
同時に見られることもあり
「代々永続」のめでたい
果実としてお正月には
欠かせないのです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時