心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

霜降 初候 霜始降(しもはじめてふる) 霜降 初候 霜始降(しもはじめてふる)

橋板 近江海津

湖面がキラめく
晩秋の琵琶湖に
つき出すように
置かれている橋板
橋板は西浜の主婦にとって
洗いもののためのマイ桟橋

ここには今も水と共に生きる
湖の国の暮らしが
息づいています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県高島市マキノ町海津

滋賀県高島市マキノ町海津の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時