心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる) 冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる)

東寺餅

「弘法さん」の日には
終日長い列がつづく
やわらかい求肥に
たっぷりのなめらかな
こしあんがつまった東寺餅
開祖 弘法大師の命日
21日にお詣りする人を
相手に開かれる
東寺の縁日「弘法さん」
お詣りの人々から
いつしか東寺餅と呼ばれて
きた弘法さんの名物
それが東寺餅なのです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市南区下京区

京都市南区下京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時