心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

大寒 次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる) 大寒 次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

文子天満宮

学問の神様
菅原道真公を祀る
北野天満宮の前身神社と
される文子天満宮
九州大宰府に左遷され
失意のうちに没した道真公を
この地でお祀りしたのは
道真公の乳母であった
多治比文子その人でした。
道真公は後に天神として
北野天満宮で祀られたため
文子天満宮は天神信仰
発祥の神社とされています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市下京区

京都市下京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時