心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

穀雨 次候 霜止出苗(しもやんでなえいづる) 穀雨 次候 霜止出苗(しもやんでなえいづる)

御衣黄桜

京 西陣で「聖天さん」と
親しまれている雨宝院で
御衣黄桜が 今満開
御衣黄とは
貴人の衣装の萌黄色
御衣黄桜は
淡い萌黄色の
花びらが美しい桜です
江戸時代 京都 仁和寺で
生れた園芸品種
かつてシーボルトも
そのめずらしさに標本として
英国に持ちかえったとか

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都上京区

京都上京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時