心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

清明 末候 虹始見(にじはじめてあらわる) 清明 末候 虹始見(にじはじめてあらわる)

御室の桜

世界遺産 国宝 仁和寺
『わたしや お多福 御室の桜
はなが低くても人が好き』
とうたわれた
御室桜が今満開
境内の樹高の低い桜の林を
ぬけると小高い丘
一面の桜の向こうに見える
五重の塔の景観は圧巻
京都の桜の中で
一番遅く咲くところから
名残りの桜をたずねる
人で毎年にぎわいます

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市右京区

京都市右京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時