心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

穀雨 初候 葭始生(あしはじめてしょうず) 穀雨 初候 葭始生(あしはじめてしょうず)

幻住庵

往く春を 近江の人と
       惜しみける
近江に多くの門人を持ち
しばしば訪れていた芭蕉が
奥の細道の旅を終えた
翌 元禄3年
旅のつかれをいやすために
滞在し、俳文「幻住庵記」を
記した庵は
遠くに琵琶湖を望む
石山 国分山の幻住庵でした。
近年再建された庵には
若もみじの中
訪れる芭蕉ファンが
たえないのです。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県大津市

滋賀県大津市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時