心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

春分 末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 春分 末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

大石桜

地面に届かんばかりの
花が美しい大石桜は
忠臣蔵で知られる
大石内蔵助を祭神とした
大石神社の御神木
主君 浅野内匠頭の
刃傷沙汰で城を出た
家老 大石内蔵助は
京都山科のこの地に
身をかくし
討ち入りの策をねり 見事
本懐をとげたのでした。
大石桜は今
「山科区民の誇りの木」です。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市山科区

京都市山科区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時