心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

処暑 次候 天地始粛(てんちはじめてさむし) 処暑 次候 天地始粛(てんちはじめてさむし)

大徳寺納豆

室町時代 大徳寺に
あの一休禅師により
伝えられた 大徳寺納豆
蒸した大豆にはったい粉を
まぶし 室で発酵させて
できた豆麹を塩水でもどし
木桶に入れ、炎天下
夏の間中 櫂でかきまぜて
水分をなくし出来上がります
かつて、旅の友とされた
大徳寺納豆、近年
強い殺菌力があることも
わかってきたのです。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市北区

京都市北区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時