心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

芒種 次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 芒種 次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

夏椿

五月晴れの日ざしの中に
夏椿が涼しげに
白い花をつけています。
夏椿は
朝に咲いて夕べに散る一日花
お釈迦さま入滅の時に
咲いていた沙羅双樹の
花と似ているところから
沙羅の木の別名も
京の街中とは
思えない深い緑の
京都御所の一角です

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都 上京区

京都 上京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時