心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

秋分 末候 水始涸(みずはじめてかる) 秋分 末候 水始涸(みずはじめてかる)

在来「伊吹そば」

その昔 琵琶湖の対岸から
伊吹山が白く見えたと
いわれるほど
栽培されていた
伊吹そば
地元に伝わる
小粒で丸みがあり
打つと香りがよく
コシがあるといわれる
在来種 「伊吹そば」
復活への取組みが進み
今、年々 栽培面積を
増やしています。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県米原市

滋賀県米原市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時