心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる) 冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる)

国宝・唐門

桃山建築の代表作の
ひとつとされる西本願寺の
国宝・唐門の修復が終了
黒漆の輝きの中に
孔雀や獅子など
100点以上もの彫刻が
華麗によみがえり
その美しさは見ていると
日が暮れるのも
忘れるほどということで
「日暮門」の名が
あることもうなづける
鮮やかさです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市下京区

京都市下京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時