心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

白露 次候 鶺鴒鳴(せきれいなく) 白露 次候 鶺鴒鳴(せきれいなく)

創業850余年 茶店

日本最古の橋
宇治橋のたもとで
平安時代から橋を守り
旅人にはお茶をふるまう
茶店がありました
広辞苑にも記されている
お店は創業850余年
老舗がめじろ押しの
京都でも一 二を競うほど
時代をこえて古く、秀吉 家康など
歴史上の人物も
足をとめたお店です。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都府宇治市

京都府宇治市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時