心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

霜降 末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ) 霜降 末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)

京都タワー

東寺の塔より高いものはない
とされた千年の掟を
破って生まれた京都タワーは
登るための塔でなく
どこからでも見える
京の街あかりの塔として
設計されました。
鉄骨を一切使わず
鋼板を張り合わせた
モノコック構造で生まれた
ユニークなカタチに
猛反対の中 1964年完成
今では京都人の心にも
なじんできているのです

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市下京区

京都市下京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時