心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

寒露 次候 菊花開(きくのはなひらく) 寒露 次候 菊花開(きくのはなひらく)

京の油屋さん

かつて油は
神さま、仏さまの燈明として
くらしの灯りとして
とても貴重なものでした
京都西陣 江戸中期創業
今も当時の面影を
色濃く残す老舗の油専門店
建物は
國の登録有形文化財
食用の油から
えごま油、桐油 くるみ油など
建物用の油まで
今も油一筋のいさぎよさです。


ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都 上京区

京都 上京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時