心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

大寒 末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく) 大寒 末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

京の昆布

京の老舗の昆布屋さんで
こんなおやつ昆布を発見
京の水と出逢い
その出汁の旨味で
京料理を生んだ昆布
和食が世界無形文化遺産に
認められたのも
この出汁の文化だったのです。
今も昆布屋町の町名が残り
出汁だけでなく塩こんぶなど
京の食生活に深く
かかわってきた昆布の
旨味はまだ出そうです


ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市 上京区

京都市 上京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時