心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

大雪 次候 熊蟄穴(くまあなにこもる) 大雪 次候 熊蟄穴(くまあなにこもる)

丹波霧

丹波霧が亀岡盆地を
すっぽりおおっています
京の街から山ひとつこえた
亀岡は中央を桂川が流れ
盆地特有の底冷えで
昼夜の温度差が大きく
冬の晴れた日には
見事な雲海が発生します。
丹波霧と豊かな地下水で
丹波大納言、丹波黒豆を
はじめ、聖護院大根など
今では京野菜の70%を
生産しているのです。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都府亀岡市

京都府亀岡市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時