心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

夏至 初候 乃東枯(なつかれくさかるる) 夏至 初候 乃東枯(なつかれくさかるる)

一文橋

通行料一人一文、ゆえに
橋の呼び名は一文橋
都と西国を結ぶ
古くからの街道
西国街道を
西山のふもとで横切る
小畑川は
平安時代からの暴れ川
たびたびの洪水で
流される橋の修復のために
日本最古の有料橋となりました
橋は今も一文橋と呼ばれ
今日に至っています

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都向日市

京都向日市の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時