心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

春分 次候 桜始開(さくらはじめてひらく) 春分 次候 桜始開(さくらはじめてひらく)

ヨシ焼き

湖国に春を告げる ヨシ焼き

琵琶湖のヨシは水質を浄化し
魚や水鳥の繁殖地の役割を
果たしてきました。

近年 ヨシの産業利用が減り
放置されたヨシの群落が
増えています。

枯れヨシを刈り燃やす
ヨシ焼きは新芽の成長を促し
琵琶湖の健康保全に
欠かせない
春を迎える行事なのです。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所近江八幡市安土

近江八幡市安土の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時