心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立秋 次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 立秋 次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

ミゾハギ

ミゾハギは真夏の花
水辺を好んで咲きます
薬用植物で
生薬としては千屈菜
むくみ 下痢止めに有効です
ミゾハギの名前は
水辺に咲くから溝萩からとか
祭事にこの花を飾り
汚れをはらうための禊に
用いられたことから
禊花からとも
ちょうどお盆に咲く
ところから盆花とも
呼ばれています

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都市左京区

京都市左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時