心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる) 冬至 次候 麋角解(おおしかのつのおつる)

キクタニギク

小さな花が沸き立つように
重なりあって咲く
キクタニギク
その香りが高いこともあって
蜜をもとめて
虫の姿がたえません
かつて東山から流れ出し
鴨川に注いでいた
菊渓川ぞいに自生
しかし、川の消滅とともに
キクタニギクも東山から
姿を消しました。
キクタニギクを東山に
復活の取り組みが進行中です。

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所京都 左京区

京都 左京区の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時