心と体で感じる近江の季節や自然を楽しむ近江・京 七十二候

立夏 次候 蚯蚓出(みみずいづる) 立夏 次候 蚯蚓出(みみずいづる)

れんげ草

「ハチミツの王様」と
呼ばれるれんげが
見わたすかぎり
湖国は 今 満開です

江戸時代 中国から
伝えられたれんげは
花が終わるのを待って
田んぼに すき込まれる
ところから「緑肥」
化学肥料が登場するまで
日本の米づくりには
欠かせなかったのです
今はミツバチが大喜び

ここは「近江・京」のどこ?

撮影場所滋賀県近江八幡

滋賀県近江八幡の場所

近江・京 七十二候

四季がこまやかに移り変わる日本の気候を読みとるために一年を24に分けたのが二十四節気。それをさらに3つに分けて、およそ5日ごとの自然の動きをコトバであらわしたのが七十二候です。近江・京 七十二候は、お灸のふるさと近江・京の四季の移り変わりを現地からのフォトとコトバでお伝えします。

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

せんねん灸 フリーダイヤル 0120-78-1009 平日午前9時〜午後5時